『情報ツールの中核とその活用の仕方』セミナー開催報告  

 令和3年10月25日㈪に、『情報ツールの中核とその活用の仕方』セミナーを開催致しました。

講師は、税理士・J-GAP指導員 半田正樹が務めました。企業経営に活用できる情報収集・管理方法や、講師が普段活用している方法を紹介しました。

 ご参加の方からも「実際にiPadを使って情報整理のやり方等を教えて頂き、未来を予測する場合は50年前を振り返ってみることを肝に銘じたいと思います」「農業は時代遅れと思っていましたが、将来的な発展を目的にできると安心しました」などのご意見を頂きました。

 次回のセミナーは、年に一度の帝王学セミナー『半田式 実践版“小さな企業の経営戦略”』を開催致します。

令和3年11月25日㈭午後1時30分から、会場参加者の方と意見交換を交えながら進めていきます。感染症対策の為、定員10人程度限定となっており、残り少なくなっております。お早めにお申し込み下さい。

 また、毎年恒例の新春フォーラムは、来年3月25日㈮開催が決定致しました。阿部梨園マネージャーでありファームサイド株式会社代表取締役 佐川友彦氏を講師にお迎えします。詳細は後日お知らせ致します。ぜひご参加下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です